円高の意味を正しく理解しよう

急激に価値が下がることがある

円高の時はスキャルピングが基本

スキャルピングとは、数10分で取引を終了させることを言います。
早すぎると思うかもしれませんが、円高の時は通常に比べて通貨の価値が変わりやすいと言われています。
時間をかけて取引をしようと思うと、途中で円の価値が下がってしまう可能性があります。
それでは自分が持っている円を売っても、高額な利益を得ることはできません。

円高の時に取引をしようと思っている場合は、スキャルピングの方法を覚えてください。
短期間で全てを終わらせなければいけないので、判断力が求められます。
最初は判断を間違えるかもしれないので、大きな額を取引することは控えてください。
利益を得ることに慣れてから、少しずつ取引する通貨の量を増やしましょう。

レバレッジの量に気をつける

大きなレバレッジをかけ過ぎると、失敗した時に損失が多くなります。
日本でかけられるレバレッジの数は、25と決まっています。
ですが数回しか取引をしていないのに、いきなり25倍にすることは絶対にしないでください。
特に、円高になっている際は短期間で取引を終わらせる必要があります。
焦ってしまうかもしれませんが、その時に選択を間違えて損失を生むケースが見られます。

少ないレバレッジをかけていれば、損失もわずかで済みます。
25倍をかけていると、一気に資産を失う結果になるので気をつけてください。
2倍や3倍でも、利益を得ることはできます。
円高になっている時は相場が変わりやすいことを踏まえて、少ないレバレッジをかけるのが安全な方法です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る